ISO12233準拠 CIPA解像度チャート

ISO12233準拠 CIPA解像度チャート

入手先:富士フイルムイメージングシステムズ(株)

このチャートの発売元は富士フイルムイメージングシステムズ(株)ビジュアル&サイネージ事業部 第3グループ(〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-30 TEL:(03)5745-2261 E-mail:、担当:吉田)ですが、技術的な問い合わせについてはカメラ映像機器工業会標準化グループ(〒108-0023 東京都港区芝浦3-8-10 MA芝浦 ビル3F、TEL.(03)5442-4800 FAX.(03)5442-4801、https://www.cipa.jp/)にご連絡下さい。

表1.図2のエレメントと使用目的

エレメント 使用目的
A チャートの有効面を示す境界(内側を用いる)
B チャートの水平出しチェック用矢印
C チャートの中心点を示す。ピント合わせに便利なよう矢車とした。
D アスペクト比1:1、4:3、3:2を決める矢印
J 視覚解像度評価用双曲線型ゾーンプレート
K 周辺ボケチェック用パターン。参考用なので目盛はなし。
L SFR測定用の正方形。L1は水平/垂直用、L2は斜め45度用。
P 限界解像度測定用矩形波マルチバースト。P1は200-1500LW/PH。P2は1400-2500LW/PH。
Q ユーザーが特別に用意したものをチャートに貼り付けて使用する際、位置決めに便利なように設けた同心円。

使用説明書(ダウンロード