カメラ映像機器工業会 CIPA
PTP-IP
ホーム
規格書入手のご案内
ログイン
【4 運用:規格書入手関連】

誰でも規格書を入手することができますか?
CIPA会員、非会員を問わず、PTP-IPを実装した製品の、開発、製造または販売を目的とする法人の方に、限らせていただき、所定の手続きをしていただくことで入手可能です。
研究等でのご利用の際は、次の資料をご覧いただくことで、詳細を知ることができます。
WTO/TBT公開草案(Draft)

規格書を入手するには、どのような手続きが必要ですか?
以下の手続きが必要となります。

1. 「CIPA DC-005の入手に関するアンケート(以下、アンケート)」、「CIPA DC-005-2005の入手に関する同意書(以下、同意書)」、「CIPA DC-005-2005に関する声明書(以下、声明書)」をダウンロードし、必要事項記入の上、CIPAに提出していただきます。

2. CIPA にて、必要書類(アンケート・同意書・声明書)を確認した上で、CIPAの定める条件を満たしている場合は、規格書のダウンロードに必要な「アクセスID」を10個発行し、同意書の第8条(通知先)に記載されたEメールアドレスにアクセスIDをEメールにて送付します。

(声明書の提出について)
CIPA会員で、PTPIP分科会に入会している会社と、その関連会社の場合、既に入会している会社より声明書をお出しいただいておりますので、提出の必要はございません。

3. 上記Eメールの説明に従い、規格書をダウンロードしてください。なお、詳細内容につきましては、こちらをご確認ください。

これから規格書の入手を予定しています。どれくらいの費用がかかりますか?
規格書の入手については、所定の手続きを踏んでいただければ無償です。但し、アンケート・同意書・声明書の送料は、申請される方の負担となります。

必要書類(アンケート・同意書・声明書)の提出の後、どれくらいの期間で規格書が入手できますか?
CIPAの定める条件を満たしている場合には、CIPA受付後、通常6〜7営業日以内に、規格書のダウンロードに必要なアクセスIDを発行し、同意書の第8条(通知先)に記載されたEメールアドレスにアクセスIDをEメールにてお送りいたします。

早急に規格書が必要な場合、必要書類(アンケート・同意書・声明書)はファックスで送り、後からオリジナルを郵送することで対応してもらえますか?
そのような対応はしておりません。

<<FAQ一覧に戻る
前のページへ 次のページへ
CIPA Webサイトへ Copyright