ENGLISH
CIPA フォトエイドCIPA フォトエイド
写真・映像の力で過去と未来をつなぐ
CIPA 日本財団
CIPA フォトエイド基金【第2期】について支援団体募集要項賛同を表明しているCIPA会員企業支援団体の活動報告
 トップ > CIPA フォトエイド基金設立について(第1期)
CIPA フォトエイド基金設立について

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)と公益財団法人日本財団(日本財団)は、7 月15日、先の東日本大震災で被災された地域の復興を支援するために、下記活動を目的とした基金を設立し、運営していくことで合意しました。

CIPAと日本財団は、この活動を「CIPAフォトエイド」と命名し、基金はCIPAが会員企業からの寄付を募り設立しました。基金への応募受け付け、各種問合わせ対応、応募団体の審査、覚書の締結から支援金支払いまでの業務を、CIPAと日本財団が適宜連携しながら行います。

【基金設立の目的】
(1)同震災による被害の実態を記録として残すこと
(2)復旧、復興に取り組む、特に市民活動団体や市民の取り組みを記録として残すこと
(3)写真や映像という手段を通じて、同震災により被災された方々の精神面におけるケアを支援すること

【支援の対象と内容】
「CIPAフォトエイド」は、以下のような公共の利益や個人のニーズに対する支援を行い、その対象となる団体は、各種非営利団体(NPO/NGO)、ボランティア団体、学校、及び地方公共団体等です。
(1)写真や映像記録の作成・保存・閲覧
(2)震災からの復興記録に関する記録者の育成、記録媒体や機材の整備等
(3)汚れてしまった写真の洗浄・整理や卒業アルバム等の再制作
(4)写真や映像を活用した展示会やイベントの開催等

写真や映像は単なる記録ではなく、撮った人、写っている人々一人ひとりにとってかけがえのない存在ですが、先の大震災は図らずも、写真の持つ意味を見つめなおす契機にもなりました。

CIPAでは、カメラ並びにこれらの関連装置、機器及びソフトウエアを開発、製造又は販売し、世界中の人々の暮らしを豊かにするCIPA会員各社の事業に照らし、「CIPAフォトエイド」による支援を通して、被災地の復興に貢献して参ります。

<問合せ窓口>
メディア:

一般社団法人 カメラ映像機器工業会
フォトエイドプロジェクト担当事務局
E-mail : photo.aid@cipa.jp

基金応募に関して:

公益財団法人 日本財団 
CIPAフォトエイド基金係
TEL : 0120-65-6519 FAX : 03-6229-5177
E-mail : cc_saigai@ps.nippon-foundation.or.jp

Copyright © CIPA All rights reserved.